お通夜へ行った場合、亡くなられたお客様の遺族や親せきは、

お葬式のセットアップなどで忙しくしてある。
またお通夜もお葬式も、亡くなられたすぐに執り行われる式事だ。

そのため遺族や親族は、やるせないという気がありながらも、その感覚を抑え込んである。
長居をしたりせずに、お悔やみを伝えたら早いうちに舞い戻るようにしましょう。

お通夜の後には、通夜物腰があります。
通夜物腰というのは、お通夜に来ていただいたお客について、
お酒や夕食をふるまうことです。
これは遺族や親族からの、お通夜に出席していただいたお客にたいしての、安心の気持ちです。

仮に通夜物腰に招かれることがあれば、なるべく出席するようにしましょう。
そうして親族や遺族、また親しかった個々や友人のみなさんという、亡くなられたお客の覚え書きストーリーなどをください。

断じて事由が悪くても、通夜物腰は断らないのが作法だ。
ほんの少しでもいいので、夕食に手をつけましょう。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら