自分の個々や知り合いといったクライアントが亡くなられたという連絡を、

遺族や親せきから連絡を受けますが、
そのときに、亡くなられたパーソンの具合や、亡くなられた状況といったことは、
聞き流す…ということが礼節となっています。

遺族や親せきにとっては、とっても大切なほうが亡くなられて、
大いに哀しい力をしています。
そんなときに、具合や亡くなられた状況というのを、話したくありません。
余計につらい思いをしてしまう。

また具合や亡くなられた状況を、遺族や親せき以外のヒューマンには、
知られたくない…と思っているかもしれません。

仮に、自分自身が遺族や親せきに教えてもらったり、
どこからか耳に入って、具合や亡くなられた状況を知っていたとしても、
他の人には、話さないのがまた礼節だ。

たいていの場合、具合や亡くなられた原因の論評というのは、
遺族や親せきからくれることが多いです。

しかし、こちらの立場からは聞き流す…ということを、覚えておきましょう。家族だけのお葬式ならこちら