カテゴリー別アーカイブ: 未分類

お通夜へ行った場合、亡くなられたお客様の遺族や親せきは、

お葬式のセットアップなどで忙しくしてある。
またお通夜もお葬式も、亡くなられたすぐに執り行われる式事だ。

そのため遺族や親族は、やるせないという気がありながらも、その感覚を抑え込んである。
長居をしたりせずに、お悔やみを伝えたら早いうちに舞い戻るようにしましょう。

お通夜の後には、通夜物腰があります。
通夜物腰というのは、お通夜に来ていただいたお客について、
お酒や夕食をふるまうことです。
これは遺族や親族からの、お通夜に出席していただいたお客にたいしての、安心の気持ちです。

仮に通夜物腰に招かれることがあれば、なるべく出席するようにしましょう。
そうして親族や遺族、また親しかった個々や友人のみなさんという、亡くなられたお客の覚え書きストーリーなどをください。

断じて事由が悪くても、通夜物腰は断らないのが作法だ。
ほんの少しでもいいので、夕食に手をつけましょう。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら

自分の個々や知り合いといったクライアントが亡くなられたという連絡を、

遺族や親せきから連絡を受けますが、
そのときに、亡くなられたパーソンの具合や、亡くなられた状況といったことは、
聞き流す…ということが礼節となっています。

遺族や親せきにとっては、とっても大切なほうが亡くなられて、
大いに哀しい力をしています。
そんなときに、具合や亡くなられた状況というのを、話したくありません。
余計につらい思いをしてしまう。

また具合や亡くなられた状況を、遺族や親せき以外のヒューマンには、
知られたくない…と思っているかもしれません。

仮に、自分自身が遺族や親せきに教えてもらったり、
どこからか耳に入って、具合や亡くなられた状況を知っていたとしても、
他の人には、話さないのがまた礼節だ。

たいていの場合、具合や亡くなられた原因の論評というのは、
遺族や親せきからくれることが多いです。

しかし、こちらの立場からは聞き流す…ということを、覚えておきましょう。家族だけのお葬式ならこちら

お葬式に出席する場合、御香典を持参します。

これはお通夜に持って行っても、お葬式に持って行っても、どちらでもかまいません。
仮にお通夜に御香典を持って行った場合には、
お葬式の時には御香典を持って行く必要はありません。

そしてなかなか迷うのが、御香典の表書きです。
最近では、御香典の袋がはいっている外袋に、表書きの書き方についての説明が記載されています。

仏教だけではなく、様々宗教についての書き方が記載されています。
そのため、こちらを参考にして表書きをすれば、何ら失敗はありません。

ただ無宗教葬儀の場合は、まだまだ一般的なお葬式ではないため、
香典袋の表書きの書き方は、書かれていません。

多くの方が、無宗教葬儀に出席する場合は、「御花料」と書いて持参しています。
ただ、この「御花料」というのも、特に決まっているわけでもありません。

「御霊前」や「御香典」といった、仏教のお葬式での書き方でも、
問題はないでしょう。www.xn--2017-z63cnc2h4738auwf328h.com